知って得をする内容が満載の八王子市葬式情報をご案内

葬式

葬式で使用してはいけない言葉

結婚式などで使ってはいけない言葉があるように、葬式においてもNGワードが存在します。一般的に使われるお悔やみの言葉として「ご愁傷様でございます」があるため、どの状況にでも使える言葉であることから、どのような言葉をかければいいのか分からない場合は使うといいでしょう。
では葬式において使用してはいけない言葉とはどのようなものがあるのでしょうか。それは「繰り返す」や「つくづく」といった意味の言葉で、他にも「たびたび」「しばしば」といった、同じ言葉が連続している言葉は避けるようにします。これは不幸が再びやってくるという不吉な印象があることから、故人関係者からすれば心象の悪い言葉です。もちろん死に直結する言葉もマナー違反であり、「死亡」「生存」といったワードも使用を避けるようにしましょう。
親族や故人関係者に対して会話する機会もあるでしょうから、細心の注意を払って発言するようにしたいところです。そのため言葉選びに自信が無いようであれば、口数を減らすことを意識して振舞うことをおすすめします。もし不用意にNGワードを使ってしまったのならば、その場ですぐに謝罪してください。故人関係者や周りの人たちも人間ですから、謝罪すればマナー違反だとしても大きく咎めることはありません。

Choices Article

Update Post