知って得をする内容が満載の八王子市葬式情報をご案内

葬式

訃報が届いてから葬式に参加するまで

親戚や身内から突然の連絡で、不法の知らせが届くことがあります。それはいつでも起こりうる可能性があるため、いつでもしっかりと対応できるよう事前に知識を仕入れておくことはとても大事なことと言えます。まず訃報の知らせが届いた際には、どのように対応するべきなのでしょうか。
まず故人との関係によって最初の対応は変化しますが、親族や親しい友人といった間柄であれば、すぐにでも弔問しに駆けつけることが理想的です。場所を聞いて到着した後、玄関先で遺族に対してお悔やみの言葉をかけてから深くお辞儀をしましょう。その後、遺族に対して手伝いの申し出をすることもマナーの一つとされています。もし手伝いが不要であれば、改めて通夜にも伺うことを告げて、他の友人や親族への連絡係として行動するのもいいでしょう。もしやむを得ず弔問に駆けつけられない際、代理人を立てるか弔電を打ってから後日に弔問します。また入院中や遠方で弔問できない場合もあるでしょうが、この時には香典を送ってお悔やみの言葉を添えます。
また個人との関係でそれほど親しくない場合は、弔問して玄関先でお悔やみの言葉を述べる程度にとどめておいて問題ありません。そして通夜か告別式に参列して、改めて故人と向かうようにしましょう。

Choices Article

Update Post