知って得をする内容が満載の八王子市葬式情報をご案内

葬式

仏式の葬儀はどのような流れで行われるのか

日本における葬式では仏式が広く浸透していますが、その昔は通夜が夜通しで行われていました。しかし最近では午後6時以降から始められる半通夜が一般的となっており、訃報の知らせが届いた後、仕事終わりなどに駆けつけやすくなっています。
まず通夜では葬儀会場に着いた後に受付を済ませなければなりません。受付を済ませた後は祭壇のある部屋へと向かうことになりますが、既にいる先客に対して一礼することを忘れないでください。またこの時、遺族が参列者からの挨拶に対応している場合は、同じく列に参加して「この度はご愁傷様でございます」と、お悔やみの言葉をかけてあげてください。それから着席することになりますが、席次が決められていないようであれば先着順に着席するようにしましょう。
最近では通夜の後に告別式が立て続けに執り行われるケースが多くなっていますが、ここでは最後に故人とお別れする場となっています。僧侶による読経の後に遺族や親族による焼香が行われ、ひと通りが終われば一般参列者の焼香が行われて告別式は終了となります。その後、喪主による挨拶を行われて出棺となり、最後までできる限りの見送りをするのが詞期待となっています。この時、冬であればコートを着用したくなりますが、出棺時では着ないで静かに合掌して見送るようにしましょう。

Choices Article

Update Post